迷ったらオーダーカーテンが一番!?理想のカーテンを制作する方法


カーテンの役割を最大限に活かすために

カーテンはプライバシーを保護するだけでなく、紫外線や冷気を遮断する役割があります。また遮光カーテンであれば日中でも室内を真っ暗にできるので、夜に活動して昼に寝るという夜型の生活をしている人に役立ちます。こうしたカーテンのメリットを最大限に発揮させるためには、窓のサイズに合ったものを選ぶことが大切です。特に注文住宅を建てた場合は、カーテンが合わないという問題が発生しやすくなります。

市販のカーテンが合わない場合は、オーダーカーテンを利用するのがおすすめです。窓ガラスのサイズに合ったものを作ってもらえますし、部屋の雰囲気に合わせてカラーやデザインを決められます。オーダーカーテンは原則として返品不可なので、サイズやデザインは事前にしっかりと決めておく必要があります。

専門店にカーテン制作を依頼する心構え

オーダーカーテンはカーテン専門店に出向いて制作を依頼するのが基本でしたが、現在はインターネットの普及によりオンラインで注文、商品受け取りまで完結できる時代になりました。価格は既成のカーテンより高額で、完成までに2週間くらいかかるのが普通ですが、自分の好みを反映させられるのは大きなメリットです。

カーテンひとつで部屋の雰囲気はガラリと変わります。カーテンの色が合わずに浮いてしまうと、インテリアとの統一性がなくなるので悪い意味で目立ち、リラックスできる空間を演出できないなどの問題が発生します。オーダーカーテンのデザイン選びで迷ったときは、カーテン制作会社に自室の写真を送信して、マッチしたデザインを選んでもらうことも考えましょう。

カーテンは主に窓の前に付いているレールに沿って取り付ける布のことです。夏は強い紫外線のカット、防音、室内の温度を快適に保つ効果などがあり、外から室内が見えないように使用されます。

You Might Also Like